1. 修理材料

修理にあたっては、天然の漆および純金・純銀・銅・錫などの材料を使います。

 

 漆は、現在 国産および中国製が流通していますが、国産漆は採取される絶対量が少なく漆需要の90%以上で中国漆が使われています。

 

当 山笑堂では、国産漆と成分が近く品質的に安定し経済性にも優れている中国漆を主として使い、必要に応じて、 国産漆・小麦粉・上新粉・砥粉・木粉・地之粉・乾漆粉などを加えて使います。

 

 また、色漆や錫・銅・銀・金粉などの金属粉や 銀 / 金箔などを使って、仕上げ仕様を 錆漆、色漆、消し粉 / 磨き粉、梨子地、文様加飾などからお好みによりお選び戴けます。

 

金継ぎ 山笑堂

陶磁器の修理に、瞬間接着剤やアクリル/エポキシ系接着剤、合成樹脂パテ、カシュー塗料、代用金などの材料が使われることがあります。

                                                                          

 合成系接着剤は、成分の合成樹脂が完全に硬化していれば安全性は高いと言われていますが、混合比の管理が難しく、未反応物質が溶出する可能性があります。食品衛生法上からもメーカーは食器補修用の使用を認めていません。(注1)

 

  また、カシュー塗料(別名、新うるし等)は漆と似た性質を持ち、かぶれずに使い勝手が良いので、楽器や仏具・釣具などに広く使われていますが、漆とは異なる材質 ( カシューナットノキ属、漆はウルシ属 ) です。

成分に有機溶剤を含み食品衛生法を準拠していないことから、メーカーはお椀や箸などの食器類への使用を避けるように指導しています。(注2) 

 

     注1) 一部の製品には、食品衛生法に適合するものもあります。

     注2)     独自に検査試験を実施し、食品衛生法上無害の判定基準を明示しているメーカーもあります。

  当 山笑堂でも、人形やイヤープレートなどの装飾品の修復については、見目と経済性を考えて、合成系接着剤、パテ や アクリル / エナメル/ウレタン塗料 なども使います。

金継ぎ 陶磁器修理 山笑堂

2. 漆について

漆ということばは、もともと使われていた「うるわし」「うるおう」ということばに漢字の「漆」を当てたもので、「シツ」という音は漢音からきています。

 

 ウルシ科の樹は中国、朝鮮半島、日本および東南アジアの各地域に自生し、この樹液を使った漆工品が各地域で作られています。成分はそれぞれの地域で異なり、 日本や中国の漆液の主成分はウルシオールと呼ばれる天然樹脂で、水分が分散したエマルジョン状となっています。

 

 漆を使った矢や椀輪、竹籠、土器などが、縄文時代の遺跡より数多く発掘されています。  

飛鳥時代には、法隆寺の玉虫厨子などの大陸の進んだ文化の影響を受けた漆工品が数多く作られていました。

 

奈良時代になると唐風文化花盛りとなり、以前に大人気となった興福寺の八部衆、三面六臂の阿修羅像なども、この時期に造られた脱活乾漆造と呼ばれる漆工法を使った乾漆仏です。

蒔絵の源流と言われる「末金鏤 (まっきんる)」の技術も、この当時に唐より伝わりました。

 

金継ぎ修理 山笑堂
国宝阿修羅展・乾闥婆 / 朝日新聞社

 江戸時代には、鎖国下の長崎出島のオランダ東インド会社 ( V.O.C )を窓口として、ヨーロッパ各国に多くの陶磁器、漆器が輸出されました。

当時は陶磁器を「china」、漆器・漆工芸品を「japan」と呼び、ヨーロッパ王侯貴族の間で 貴重品として尊重されていました。