天然の本漆を使った陶磁器の修理  ---  金継ぎ


捨ててしまうのが忍びない大事な器や、愛着のある思い出のお品物のお直しを承ります。 

 土や石から命を吹きこまれ、陶磁器や装飾品として長らく使われてきたものを、壊れたことで捨てることなく、直して使い続けていく・・・

日本固有の美意識に根ざした古人の知恵が、現代にも引き継がれています。


「金継ぎ」 とは

 金継ぎ ( 金直し、金繕い ) は、日本人のいにしえからの人生観を侘び茶の精神に見定め、蒔絵の技法を応用した器のつくろい方として、室町時代より行われてきました。

接着剤としても優れている漆を使って修繕し、その直した部分に見栄え良く金や銀を蒔きます。

金や銀の代わりに他の材料を使ったり、蒔絵様に装飾したりすることもできます。

また、金や銀で加飾せず、漆だけでの普段使いに合った直し方もお選び戴けます。

備前平戸藩主 松浦家伝来の奥高麗茶碗 銘「さざれ石」には、象牙や金属製の茶杓で欠けたと思われる口縁部分を金継ぎで直した、往時のままの華やかな金の輝きが見られます。

金継ぎ 山笑堂
(出光美術館)

数寄者大名 古田織部は、わざわざ大振りの器を壊し ( 世の宝をそこなふ人 ) 、品のある大きさに漆継ぎを施して、あらたな景色として愛でたといわれています。

その茶碗「大井戸茶碗 銘須弥 別銘十文字」が三井記念美術館に残されています。 

金継ぎ 山笑堂
(三井記念美術館)

 ガラス器は断面が透けて見え、漆の接着性も悪いので、特別の対応が必要となります。

また、飾り皿や置物・人形などは、経済性および外観の違和感がない見映えを重んじて、合成樹脂系の接着剤・パテ・塗料などを使って直せます。 


Web Shop

山笑堂                               sansyodo

 

〒 236-0038

神奈川県横浜市金沢区六浦南 4-20-4-710

川端 吉太郎

tell / fax : 045-701-7662

e-mail : yama-warau@jk9.so-net.ne.jp